実印ショップハンコマンのメリットデメリット

実印ショップハンコマンをご存知ですか?実印を購入したいとお考えの方は、ハンコマンのメリット・デメリットを知っておきましょう。 - 実印ショップハンコマンのメリットデメリット

アーカイブ

更新情報

実印ショップハンコマンのメリットデメリット

実印を使うのは不動産や車の購入時や会社や団体の場合には、大きな契約時などでしょう。役場の公正証書作成などでも使う場面もありますが、どれをとっても大きな場面となることは間違いありません。
また、人によっては実印が急に必要になることもあります。また、年齢の若い人だと実印を作っていないなんてこともあるでしょう。何かのためにあらかじめの実印を作っておいた方がいいかもしれません。

実印は登録が必要

実印も作ったらそれでも、オーケーというわけではありません。市町村役場に印鑑登録をしなければなりません。会社の場合でも、法務局への登録が必要なのです。登録をすることで、実印であるということが証明されるのです。そんな実印も大きさは、13.5~24ミリ以内となっています。その大きさに入らないと実印として認められません。

印鑑販売サイトハンコマンは、有名なところサイトです

ハンコマンとは、印鑑販売サイトであり、いろいろな販売サイトの中でも有名なところです。もちろん、多くの人が利用しています。たとえば、ランキングや比較サイトやクチコミでもよくハンコマンの名前をみることができます。それだけ名前がよく出てくるのも、信頼のある証拠と言えそうです。まずは、ハンコマンを選ぶのもそれだけでもメリットがあるとも言えそうです。

他のハンコマンのメリットは

他にもハンコマンにはメリットがあります。なんといっても、実印が購入者の手元に届くまでの速さです。たとえば、17時までにネット注文をすると、翌日には手元に届くなんてことも可能です。もちろん、それでもネット注文から2日後にも届くこともあるのです。これだけの速さは、普通の店舗ではなかなかないでしょう。この速さは、ハンコマンの大きなメリットとなっています。
また、ハンコマンでは実印も購入しやすくなっています。先に書いたように大きさも実印には必要です。大きさをいろいろと選べたりできます。
選ぶときにも印鑑の画像もあるので見た目もどんなのか選べます。今では実印ももっと、オシャレにしようとスワロフスキーで装飾されたのまで出てきています。他にもチタンに出ており、ブラックチタンだと見た目にも渋く見えたりもします。そういった商品を複数用意しており、選ぶのも楽しいと言えるでしょう。
また、選ぶのも実印だけでなく、母親向けのスタンプを用意していたり、またプレゼントに印鑑をお勧めしたりもしています。確かに印鑑や印鑑ケースもプレゼントにしてみるのも変わっていて、印象的かもしれません。印鑑ケースもいろいろとあるので、それを選ぶのもいいでしょう。

あと、印影も大丈夫

jtduktkd
印鑑で気になるのは、やっぱり印影でしょう。印影もかけてしまったり、またわかりやすいものであったら、偽造されたりと実印としては価値がありません。そんな印影も、いろいろに書体があり、偽造防止のように複雑にすることも可能です。もちろん、読みやすい単純なものもあります。これならば、個人だけでなく会社や団体でも使えます。ハンコマンではこうした書体を数多く揃えているので、安心して実印を作れるのです。これもハンコマンのメリットと言えるでしょう。

デメリットとは

デメリットとしては、印鑑となるので、相談して作成することができなかったり、実印に関する情報を店舗のように仕入れることはできません。あらかじめ実印についても自分で調べておくことも必要なのです。

最後に

ハンコマンにはたくさんのメリットがあります。そして、多くの人に信頼されているのも大きなメリットです。もし、これから実印を作成しようとしていたら、ハンコマンを利用を考えてみてはどうですか。

Copyright(C)2016実印ショップハンコマンのメリットデメリットAll Rights Reserved.